こもろ市民まつり

 

2008年7月12日(土)「みこし」

 信州小諸の夏は、みこしで幕開けです。約50連のみこしと3万人の観客が小さな街を埋めつくします。みこしの先頭をきり、露払いを勤めるのが、「小諸市観光協会獅子みこし」です。
 昼は市の東西から約26台の子供みこしが、夜には約23台の大人みこしが市街地を中心に練り歩くなか、一番の見どころは本部席のある相生町通りとなります。
●翌7月13日:祇園信仰1000年といわれる、健速神社祇園祭 - 健速神輿はこちら


2007年8月2日(土) 「ドカンショ」

 「こもろドカンショ」というオリジナルの曲と振り付けに合わせ、市内各区や事業所などから約2000人の踊り手が市街地を練り歩きます。「ドカンショ」とは、浅間山の噴火音にちなんだもの。最近では本来の「振り付け」にとらわれずオリジナルの踊りでの審査も行い、若者を中心とした参加者も増えてきています。飛び入り参加も大歓迎です!

  • 【お問い合わせ】
  • 小諸商工会議所 TEL 0267-22-3355
  • 小諸市役所 TEL 0267-22-1700