懐古園紅葉まつり

懐古園紅葉まつり

2016年10月15日(土)〜11月20日(日)

  小諸城址・懐古園は、明治の廃藩置県で役目を終えた小諸城でしたが、大正時代、この小諸城址を公園として整備したものです。約400年前・豊臣秀吉天下統一のとき、小諸城主となった仙石秀久により完成された小諸城・・・400年の歴史を物語る苔むした石垣を背景にした紅葉、落ち着いた風情のある「懐古園」をお楽しみください。
  そんな懐古園には明治の文豪・島崎藤村をはじめ多くの文人が訪れ、文学作品がつくられました。島崎藤村の「千曲川旅情のうた」や、若山牧水、高濱虚子、臼田亜浪などの歌碑が園内各所に置かれています。

◎例年の見頃・・・10月下旬〜11月中旬
東信菊花展・・・10月20日(日)〜11月6日(日)詳しくは・・・
◎懐古園観光ガイドツアー[こもろ観光ガイド協会・ボランティアガイド]
  10月15日・16日、10月22日〜11月6日、11月12日・13日、11月19日・20日。開始時間10:00〜、13:00〜。三の門集合(懐古園ガイドツアー・約1時間半)
人力車観光ガイド「こもろ轟屋」もご利用ください。
◎草笛教室・・・期間中の日曜日13:00〜15:00随時、草笛の吹き方教室。
◎懐古射院・建物一般開放・期間中の日曜日・祝日13:00〜15:00
   ※懐古射院の建物内から紅葉谷の紅葉が見学できます。

小諸八重紅枝垂れ   懐古園は大正15年、造園の権威・本多静六博士の設計によって整備されました。小諸城址の風情の中、モミジやケヤキなどをはじめ美しく色づく紅葉が楽しめます。




写真:小諸城址「懐古園」馬場跡

お問い合わせ 小諸市懐古園事務所 TEL 0267-22-0296
詳しい紅葉情報は小諸市オフィシャルサイトでもご覧いただけます。